ねじや穴の設計や製法を当時の作り方に近づけ、よりヴィンテージのサウンドが出るようにモデルチェンジしました。
金属部分本体の材質を変更しました。
本体の金属部分の材質をソフトなものに変更し、より軽く鳴るようになりました。
ねじの材質も変更しました。
ねじ部分の設計も見直し、製造法や材質も変更しました。
特にねじ部分は、特殊な加工を加えることで音色はそのままにさらによく鳴るようになりました。
エポキシ部分の材質と成型方法も変更しました。
従来型よりもさらに強度を増しました。また強度が強くなったことで金属部分の材質の変更が技術的に可能になり、サウンドがよりビンテージに近づきました。
リガチャー本体のロゴも新しくなりました。
https://echobrassligature.com/allto-evolution-epoxy/
おすすめの記事